商標登録.biz > 諏訪ブランド情報

諏訪鉄平石

鉄平石は、平らに薄く割れることが特徴で、そのため、石畳や、エクステリアの敷石、庭の飛び石などに広く使われています。
国内でもいくつかの産地がありますが、近年では自然環境保護などの面から採掘が難しくなりつつあり、インドネシアのジャワ産などの海外のものが多く流入するようになっています。

鉄平石の産地として有名な諏訪地域でも事情は同様で、藤森鉄平石が採石している諏訪市の福沢山は、貴重な現役の採石場です。
全国一の産出量を誇る諏訪地方の鉄平石は、およそ2400万年前に、八ヶ岳のマグマによって生まれたといわれています。
岩石の分類上は、火成岩のなかでも、地下の比較的浅い場所で冷え固まった火山岩の一種です。輝石安山岩に属します。
マグマが地表近くまで上昇し冷えて固まる際に、強い圧力によって硬い岩になり、板状節理という層状の構造ができあがります。薄く割れやすい性質はこのようにして生まれたものです。
この石の層を一枚一枚はがしたものが、藤森鉄平石の商品です。

記録では、1811年に地元で屋根材として利用されたものが最も古く、その後は街道道路の基礎などに利用されるようになりました。屋根材などにも使われていましたが、現在では環境資材や景観材として、公園や河川敷の歩道材や壁材、また和風洋風を問わず、建築物の内外装、エクステリアに利用されるようになりました。

諏訪鉄平隻の採石は、重機で山から岩を切り出し、岩塊を作業場へ運びます。
石の層の部分にノミを差しこみ、ハンマーで叩いて薄くはがします。
石の表面に電動式のチョッパーで直線の筋を入れ、石に衝撃を与えて、筋に沿って割ります。
さらに薄くはがす、小割りにする などして、商品の規格に合わせて切り分けていきます。
乱形、方形、霧ヶ峰(スリ加工) 、ピンコロなどの各規格の商品として出荷されます。

石畳のように敷き詰めるときには、施工の段階で形状を併せるために割ったりします。このような用途では、通常、セメントやモルタル等で目地を固めます。庭に敷き詰めるときに、セメント等で固めずに、土や砂の中に直接敷いて、自然な風合いの小道を作ったりすることもできます。

諏訪姫

諏訪姫は、長野県諏訪市公認の宣伝キャラクター、長野県諏訪警察署公認 の交通安全キャラクター等に採用され、人気を呼んでいます。
諏訪姫公式サイト

諏訪姫は、諏訪市のホビーメーカーであるPLUMが展開しているご当地キャラクターです。

charactor_suwahime.jpg
(c)PMOA/PLUM

約500年前の戦国時代に、武田信玄の側室として実際に記録に残っている諏訪御料人こと「すわひめ」。
これを題材に、お城の裏で遊んでいたら、時空のゆがみから現代にタイムスリップしてしまったという設定で、天真爛漫でちょっぴり天然気味な女の子のキャラクターが創作されました。
好物は塩羊羹、たくあん、カレーという不思議なキャラクターです。
「すわこ」など、仲間のキャラクターも続々誕生しました。

地元の有名な地ビールメーカー、麗人酒造では、「諏訪姫」と諏訪浪漫ビールのコラボレーション商品を開発し、販売しています。
諏訪の温泉水と霧ケ峰高原の伏流水から誕生した美味しい地ビール、諏訪浪漫ビール3タイプの地ビールの飲み比べセットです。

2017120701.jpg

巷で話題の諏訪ご当地キャラ「諏訪姫」。
諏訪市の公式観光アプリ「すわなび」のナビゲーターもつとめる諏訪姫と「諏訪浪漫ビール」がコラボレーションし、オリジナルラベルの地ビールがセットになっています。
霧ヶ峰の伏流水と諏訪の温泉を仕込みに使い、ビールに最適な二条大麦を100%使用した地ビール、切れ味の「ケルシュ」、味わい深い「アルト」、香り高い「スタウト」の三種類の詰め合わせです。

諏訪浪漫ビール

麗人酒造は、諏訪湖のほとり、上諏訪駅の近くにある酒蔵です。
なんと麗人酒造が創業したのは、フランス革命と同じ1789年(寛政元年)。
諏訪盆地は、フォッサマグナ(中央大地溝帯)の上にある盆地で、諏訪湖に流れ込む上川などの河川が、八ヶ岳や霧ケ峰から運んできた土砂によって肥沃な土地を形成した所です。
上諏訪温泉などに恵まれ、夏は涼しく風光明媚な高原です。諏訪湖の標高は759mです。

諏訪盆地一帯には、八ヶ岳(標高2899m)や霧ヶ峰高原(標高約1900m)に降り注いだ雨が、非常に長い時間をかけて伏流水となって流れ下り、清浄な地下水が諏訪湖周辺に存在しています。なんと麗人の蔵の中には井戸があり、その伏流水が毎分150リットルあまりも湧き出しており、これが酒蔵の源となっているのです。

1999年8月には、諏訪浪漫ビールの醸造を開始しました。今では、諏訪湖周辺や蓼科周辺の駅、土産物店などでも販売され人気です。200年以上も続く酒蔵の杜氏達が麦酒造りをするブリュワーです。

麗人酒造では、酒蔵見学も行っています。なお見学できるのは4月から9月頃までです。
キレのある旨いビールを醸造するためには、酵母が活発に活動することが大切です。ミネラルを多く含んだ水は酵母の活動に適しており、麗人の井戸水と、ミネラルの豊富な上諏訪温泉をブレンドし、これによってビールを仕込んでいるのです。
原料は良質な大麦100%を使用しています。

諏訪浪漫ビールのラインナップは下記の通りです。

しらかば
歴史の街ケルンで飲まれている伝統のビール「ケルシュ」。淡色麦芽を使用し切れ味の良さが特徴のビールです。
モンドセレクション2014銅賞を受賞しています。

りんどう
経済の街デュッセルドルフで愛飲されている「アルト」ビール、カラメル麦芽を大量に使用する軽い甘みと、ホップのすっきりした苦みが調和した力強い色合いのビールです。
モンドセレクション2015金賞を受賞、さらにインターナショナル・ビアカップ2016金賞を受賞しています。

くろゆり
「スタウト」ビール、ロースト麦芽の香りと苦味が特徴の、切れ味の良い濃厚な色のビールです。モンドセレクション2014金賞を受賞しています。

オンラインショップではこの他にも、様々な商品を販売しています。

諏訪湖豆

古くから諏訪地域は、みそ、しょうゆの製造が盛んで、原料の大豆も豊富にありました。
その大豆を、手軽な菓子としてに食べられないかと考案されたのが諏訪湖豆。
昔ながらの製法で加工された大豆は、原材料も大豆、砂糖、澱粉とシンプルながら、サクサクと食べられます。
懐かしいパッケージと、由紀のように真っ白な丸い豆が印象的なお菓子です。諏訪の銘菓として今も昔も子供から大人までに大人気の商品です。

信州諏訪 「七福堂」 中央食品工業
2017120401.png

商標登録第2715180号
登録日 平成8年(1996)7月31日
出願番号 商願平2-68935
出願日 平成2年(1990)6月15日
商標 諏訪湖豆
権利者 中央食品工業有限会社
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
第30類:豆菓子

宮坂醸造「真澄」

真澄のふるさと信州・諏訪は、八ヶ岳・蓼科・霧ケ峰の麓に広がる高原盆地にあり、諏訪湖の周囲に上諏訪、下諏訪、岡谷、茅野の町並みが広がっています。
澄んだ空気と水、極寒の冬と涼風の夏、四季折々に表情を変える諏訪湖、こんこんと湧く温泉。
悠久の歴史を物語る諏訪大社などの史跡や、御柱祭。
一方で諏訪は、時計やカメラ、精密機械などからハイテク機器の製造企業が集積し、酒・味噌・寒天といった伝統産業、良質な農産物で知られるモノ造りの町でもあります。

宮坂醸造「真澄」
真澄の創業は1662(寛文2)年。2012年には創業350周年を迎えました。
発祥の地・諏訪蔵と、八ヶ岳の麓の富士見蔵。真澄はこの二つの酒蔵で造られています。
製造工程はいたってシンプルで、熟練した製造スタッフによる「高度な手作業」を重んじています。

真澄を製造する宮坂情報は、清冽な水と冷涼な気候に恵まれた霧ヶ峰の山ふところ、信州・諏訪の地で、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠した酒を醸してきました。
優良な清酒酵母として、現在でも全国の酒蔵で使われている「七号酵母」の発祥蔵でもあります。

「真澄」には、多数の種類の商品があります。

〈 極上の真澄 〉
純米大吟醸 夢殿
大吟醸 夢殿
純米大吟醸 七號
純米大吟醸 山花

〈 ちょっと贅沢な真澄 〉
純米吟醸 吉福金寿
純米吟醸 辛口生一本
純米酒 奥伝寒造り
YAWARAKA TYPE-1

〈 季節の真澄 〉
純米吟醸 うすにごり
純米 生酒
純米吟醸 ひやおろし
純米 あらばしり

〈 日々の真澄 〉
本醸造 特撰真澄
辛口ゴールド 真澄
銀撰真澄

〈 リキュール 〉
粕取り焼酎 SUMI25
梅酒
ゆず酒

〈 限定商品 〉
sparkling
真澄スパークリング

Share: